おかげさまで創業50周年を迎えました。

ビラヌエバ・ボーンスティンパウダー®

ビラヌエバ・ボーンスティンパウダー®
    (VlLLANUEVA BONE STAlN POWDER®)

〔概 要〕
ビラヌエバ先生(米国)の考案によるもので、類骨と石灰化骨を染めわける最も使い易い染色法として、世界の研究者に使用されているビラヌエバ・ボーンステインパウダーです。

〔染色液のつくり方・使い方〕
1)パウダー0.5gに対し70%メタノール100㎖の割合でよく調合して下さい。
2)調合が終わりましたら、濾過します。
3)濾過した液中に、包埋前の骨試料を(生検後すぐに、又は70%アルコール固定後)3~10日浸します。
    ※染色液の容器は硝子製茶褐色の蓋付きのものをご使用下さい。
    4)試料を取り出し、通常の樹脂包埋と同じ工程を行います。
      (脱水→置換→包埋)

      〔染色結果〕
      1)類骨 <普通光>赤紫 <蛍光>赤
      2)石灰化骨 <普通光>薄橙 <蛍光>緑
      3)低石灰化骨 <普通光>薄茶 <蛍光>橙
      4)細胞包体 薄紫 <普通光>薄紫 <蛍光>影絵状
      5)ラベリング:テトラサイクリン <蛍光>黄
      6)ラベリング:カルセイン <蛍光>青緑

      〔仕 様〕
      1)ビラヌエバ・ボーンスティンパウダー(0.5g包×5袋入り):1セット
      ※硬組織標本作製機器及び消耗品につきましては、別冊硬組織標本作製機器カタログがありますので、ご照会下さい。