おかげさまで創業50周年を迎えました。

P・D樹脂含浸装置(MD-210)

減圧・加圧兼用型
    P・D樹脂含浸装置(MD-210)

〔概 要〕
脆く多孔質な試料に樹脂を浸透させたり、無気泡の状態でスライドグラスなどにマウントするために有効な、減圧・加圧兼用型樹脂含浸装置です。

〔使い方〕
■減圧
1×10⁻³Torr。試料を樹脂の中に入れて減圧すると、空隙の空気が泡となって浮上し、樹脂が浸透します。また、樹脂に溶け込んでいる空気も泡となって除かれます。
■加圧
2気圧。樹脂は重合反応の際に発熱します。その際、試料中の空気や水分などが膨脹して泡となります。重合時に加圧すると空気や水分の膨脹を押えて重合が完了するので、無気泡のマウンティングができます。

〈構 成〉
1)小型真空ポンプ(単相100V):1台
2)エアコンプレッサー(単相100V):1台
3)減圧・加圧兼用容器(内径Φ200㎜×160H㎜):1台
4)真空用シリコングリス:1個