おかげさまで創業50周年を迎えました。

ワン・ツー・カットⅢ型(MX-833A₂G・EL)

ELID搭載切断
    ワン・ツー・カットⅢ型(MX-833A₂G・EL)

〔概 要〕
ELIDとは、Electrolytic In‐Process Dressing(電解インプロセスドレッシング)の略で、切断および研削砥石にELIDを行うことにより、常に一定の砥粒の突出量を得ることができ、安定した研削を可能にします。超精密鏡面研削加工を行う高精度の研削技術です。

〔メカニズム〕
メタルボンド(鉄系ボンド)微細砥粒砥石を電極と対向させ、その間隙に導電性の水溶性研削液を供給し通電を行い、砥石の摩耗速度と不導体被膜の形成速度とが、常に安定したサイクルで行われるよう制御し、安定した砥粒の突出量を得ることにより、常に安定した加工を可能にする研削技術です。
  • ワン・ツー・カットⅢ型(MX-833A₂G・EL)
  • ワン・ツー・カットⅢ型(MX-833A₂G・EL)

基本スペック

項目 基本スペック
主電動機 三相200V 2.2kW
主軸回転数 0~3,600min⁻¹
主軸上下切込み量 最小0.001㎜
テーブル送り速度 7㎜~6,600㎜/min
テーブル作業面積 W170㎜×L300㎜
テーブル左右移動量 350㎜
テーブル前後移動量 100㎜
テーブル前後デジタル最小表示 0.001㎜
テーブル上面から主軸芯までの距離 265㎜
最大使用砥石径 Φ125㎜~Φ250㎜
切断範囲/能力(Φ250㎜切断砥石使用時の場合) H80㎜
クーラント装置 60ℓ
機体寸法 W1,800㎜×L1,200㎜×H1,700㎜
機体質量 1,000㎏
ELIDパルス電源装置 ED-910M